応急処置のページ  TOPへ戻る 
 
症状
応急処置、対応
ビデオカメラ使用中に結露マークが出て  
動作しなくなった。又はテープ取り出しが   
できなくなった。
電源ONのまま数時間様子を見る。またはその後
一度バッテリーを外して、再度 バッテリーを装着。
取り出しボタンを押してみる。何度か繰り返しこの操作  
をしても、テープが出てこない場合は無理に出さずに
そのまま修理にお持ちください。
無理に取り出すとテープを傷つけたり、機械が破損する場合があります。
ビデオ再生中に映像が白くちらついてきて  
その後まったく出なくなった。
市販のヘッドクリーニングテープ(乾式)を何度か
再生してみてください。だいたい5〜6回繰り返し
(一度止めて、再度再生動作)ちらつきが弱まってきたら
もう少し再生したままに します。
それでも改善が見られない場合は分解掃掃が必要ですので、
修理にお持ちください。  
ヘッドは精密に作られているため、無理に拭いたりすると破損して
交換しなければならなくなる(修理代20,000円くらいかかる)
のでサービスマンにおまかせください。  
掃除で治る場合は3000円くらいですみます。
テープ取り出し(VHS、ベータ)できなく  
なった。
レンタルビデオなど至急必要なテープは当店で取り出しできます。
(一部除く)のでお持ちください。無理に引っ張るとテープが切れたり、
傷がついたりします。
リモコンなどの電池が液漏れを起こした。 できるだけ液に直接触れないようにして取り出して、機械についた液
を拭きとってください。  
内部まで液が進入していたらそこから錆が広がって、
電気が通りにくくなってきますので  
定期的に金具を磨いて使用できますが、早めの交換をオススメします。
*上で紹介した内容はほんの一部ですので、この他はお気軽にお問い合わせください。担当・萩原まで

 
テープを長期保存する
際のポイント
テープは長く置いておくと湿気でカビが発生したり  
テープ同士が貼りついて、再生中に止まったり、ひどい  
時はテープが切れたりします。  
それを防ぐには定期的なメンテナンスが必要です。  
けしてむずかしいことではありません。2〜3ヶ月に一度  
巻きなおす「早送り、巻き戻し」するだけで十分効果があります。
カビが生えたテープは?
テープ中に記録された映像は「かけがえのない」財産です。  
その大事なテープにカビが付着して、デッキで再生できなくなっつ  
てもすぐあきらめずに、市販の「テープ・リワインダー」である程度  
清掃が可能です。クリーニング機能付のものもありますが、  
普通のリワインダーで早送り、巻き戻しを繰り返すだけで  
カビが吹き飛んで使えるようになります。  
しかしカビはまた増殖しますのですぐ別のテープにダビングして  
おきましょう。それと再生したデッキは必ずクリーニングテープで  
クリーニングしておきましょう。
テープ保管の裏技
できるだけ風通しのよい場所に保管するのはご存知だとおもいますが  
その際も少し工夫すればかなり良いコンディションで長期保存が可能  
です。  
  • テープは立てて並べる。
  • テープとテープの間隔を少し空ける。
  • 部屋ではできるだけ上の方に置く。(下は湿気が多い)
  • テレビ台の中は湿気がたまりやすいのでダメ
  • 時々走行させる。
もう1つとっておきの裏技はテープをケースに入れる時、逆方向  
に入れる・・・ちょうどテープ裏の開口部が外に出て通気性がよくなる。  
ただ、その分ホコリも進入しやすいのでその点のみ注意してください。
MDについて
MDの故障で以外に多い「ディスク・エラー」「再生不良」「録音不良」  
の原因に「たばこの煙が関係ある?」という話を聞きました。  
MDやCDは小さなレーザー光線をディスクに当てて、跳ね返ってきた  
レーザーの反射率でデジタル信号を読み取っています。  
しかしディスクは反りがあったり、傷があったり、回転時にムラが  
あったりするので、レンズによってレーザーの当たり具合を細かく  
調整しています。しかしそのレンズ(MDウォークマンやポータブル機  
は3〜5mmほど)に汚れ(たばこのヤニ)がつくことで、レーザーの  
焦点が合いにくくなり再生不良やエラーが発生します。  
ほこりによる汚れなら市販のクリーナーなどでおちますが  
けむりは内側のレンズ面まで進入、ヤニをつけるので、清掃は不可能  
です。この場合レンズ・レーザー一体の部品交換修理になり、金額も  
ウォークマンで14,000円くらいかかります。  
事前に防止するには、ふだんMDの近くにたばこを近ずけない。  
部屋に煙を充満させない。などのちょっとした注意でMDの寿命を  
飛躍的に伸ばすことができます。  
また、カーオーディオではほとんどが灰皿の上にオーディオが  
付いていますので灰皿に火のついたタバコを置かない、  
火を消したらふたを閉めるなどでできるだけ機器に煙がかから  
ないようにして下さい。
後はディスクの品質も関係あるようです。(エラー)最近では100円以下  
で売られているディスクもありますがその品質・性能には  
疑問が残ります。例えば編集を重ねるうちにエラーが多くなったり  
車内に置いていて夏場ケースが歪んで機械から出てこなく  
なったり・・・できれば信頼できるメーカーのものをお選びください。
 
戻る